子宮筋腫の正しい知識

>「子宮筋腫のすべて」一覧

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


進行と前触れ

小さな筋腫の経過観察

小さな筋腫の経過観察

小さな筋腫の場合、筋腫そのものが直接の原因となって症状が起こることは、ほとんどありません。お医者さんに経過観察を進められた場合、基本的にあまり心配する必要はありません。

経過観察中には定期的に筋腫の大きさの変化や癌の検診をしますので、医師の指示に従って診察を受ける事が一番です。


子宮筋腫の基礎知識も理解せずに、そのほかの病気症状を、月経の異常だけで自分勝手な判断で見分けようとすると、大変な間違いが起こる危険性があります。自己判断はしないで、定期的に医師の診断を受けるようにしましょう。

ページのトップへ ▲

腹部のひきつれとしこり

腹部のひきつれとしこり

しこりのあるのに気づいたら、筋腫の可能性もありますが、今まで気づかなかったものが急に触れるようになる場合は、ある程度のスピードで筋腫が大きくなっている可能性があります。

しこりが急激に大きくなったなら、卵巣腫瘍(悪性も含む)や子宮肉腫などの悪性の病気の可能性もあります。必ず、早めに診察する必要があります。

ページのトップへ ▲


子宮筋腫とその前触れ

粘膜下筋腫があると、その表面を覆っている子宮内膜にただれ(腫瘍)がおこることが多く、ここに細菌感染が起きやすくなります。こういう場合は黄色みをおびた帯下(おりもの)の量が増え月経周期に関係なく常に帯下(おりもの)がある感じになります。

従って、粘膜下筋腫による出血の前触れとしてはこのような帯下(おりもの)がいつもあって、月経時に出血量が多くなってきたなどがあり、筋腫の症状に注意することが必要です。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.