子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫の自然治療

子宮筋腫は自然に治ることはあるの?

自然療法

子宮筋腫という病気は症状があまりなく自覚症状も少ないため、健康診断や婦人科検診等で偶然に見つかったりすることが多くあります。

ただ、それらの検診で子宮筋腫が見つかったとしても、どこの病院の医師でも、すぐに手術を行うというわけではありません。

それは、子宮筋腫は悪性の筋腫ではなく良性の腫瘍のためで、体のほかの部分に転移することもないからです。

ですが、筋腫が大きくなって他の臓器を圧迫したり、また、月経時などに大量の出血がおきたり、痛みを伴ったりといった子宮筋腫の症状が出ている場合などは、手術の検討も行います。

一般に、子宮筋腫は、かなり小さい子宮筋腫まで詳しい検査を行って調べれば、日本の成人女性の約5人に1人には有ると言われている程、珍しいものではありません。

筋腫があっても大きくなければ、特に妊娠や出産に問題がないといわれていますし、多くの筋腫は成長せずに、小さいままで身体に害を与えるほどにはなりません。

自然療法

そのため、子宮筋腫が見つかったとしても、特に問題がないようでしたら治療は、定期的な経過観察を行うことが多くなります。

なお、子宮筋腫ができた場合ですが、そのまま成長させてしまう人と自然療法で、自然に筋腫がなくなっていく人がいます。

しかし、子宮筋腫が成長する人と自然治療によってなくなる人の、どこに違いがあるかについては、医学的には、まだ立証されていません。

ですが、子宮筋腫はホルモンの関係で成長することは確認されています。筋腫を成長させるのは女性ホルモンの一種であるエストロゲンの作用が大きいので、このエストロゲンが過剰に分泌されないような生活や食事を心がける人は、筋腫が成長しにくい体にすることができます。

自然療法といっても、そういったことを心がけずにいつもどおりの生活では子宮筋腫は悪化する可能性は高くなります。このエストロゲンの量を減らすことと、体外へ排出されやすいように血流を良くすることで自然と筋腫は小さくなるといわれています。

筋腫が成長した場合、手術療法が解決には早いですが、子宮筋腫の手術の方法によっては体に傷が残ってしまう可能性もあります。できれば自然の治療でなくなっていくのが理想でしょう。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.