子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫と勘違いされやすい症状と病気

子宮筋腫と間違えやすい症状や病気って?

間違い

子宮筋腫は、成人女性の10人に2人〜3人の割合であるといわれていますが、その他にも子宮には、さまざまな病気がおこりえます。

子宮筋腫の場合は、小さな筋腫まで詳しく調べれば、ほとんどの成人女性にあるのではと考えられているように珍しくもないものです。

そのため、他の病気とは勘違いされにくいのですが、子宮筋腫ではない病気が子宮筋腫と勘違いされてしまうことはありえます。

まず、子宮筋腫と勘違いされやすい病気に子宮肉腫という悪性の腫瘍があります。この病気は、筋腫の発生する場所や形が子宮筋腫とかなり似ています。

ただ、子宮筋腫とは違って筋腫の成長が早く、内臓をはじめとする身体のほかの部分に転移することもあり、放っておくと命の危険もあるので、とても注意が必要になります。

子宮肉腫という病気は、発生率がかなり低く1000人に、1人か2人の割合でしかありませんが、子宮筋腫と勘違いされたまま放っておくことも多くみられます。

間違い

子宮肉腫は早期発見が重要になります。間違いは手遅れになってしまいかねませんので、一番可能性を危惧していたい病気です。

また、子宮筋腫の症状と同じように、月経時に痛みなどの症状が表れる、子宮腺筋症という病気があります。

子宮腺筋症は、子宮の内側にしかないはずの子宮内膜というものが、何らかの原因で子宮の筋肉の中にも現れてしまう病気です。

子宮腺筋症の症状でみられるのが、月経の周期にあわせて強い痛みがあることです。子宮筋腫のように発病する確率が高く、子宮筋腫と併発する場合も多いといわれています。

治療に関しては子宮筋腫の保険と同じく保険が適用されますし、月経時に強い痛みがあるなど、おかしいなと思ったら自己判断せずに、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

また、医師は様々な手法を用いて確実な判断をしていきますが、万が一、他の病気の可能性を感じるようでしたら、セカンドオピニオンなどを利用して、少しでも不安を解消するのがいいでしょう。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.