子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、これが一番続けられました。詳細はコチラから



ホリスティック栄養学に基づいた14日間集中!子宮筋腫改善講座

子宮筋腫を改善する方法は、手術やホルモン治療といわれていますが、それだけじゃ根本的な改善にならないといいます。確かに、筋腫が再発する恐れもありますし、更年期症状が現れることなども考えられます。一番大事なことは、ホルモンバランスを整えること!

きちんとホルモンバランスについて理解することが、本当の子宮筋腫改善の近道かもしれません。簡単で自然で体に無理なく実践できるこの講座が注目されるのもうなずけますね。 講座の詳細はコチラから



子宮筋腫と遺伝

子宮筋腫は遺伝するの?

遺伝

病気は種類によって、遺伝性の強いものもあるといわれていますが、子宮筋腫の遺伝に関しては、遺伝子的にも証明されていないように、遺伝しない病気という説が強いようです。

しかし、医師を見ても遺伝しないという人と、遺伝するという人と両方いるように、はっきりしたとこは分かっていないのが現状です。

ですが、健康診断などのアンケートでも、親族に子宮筋腫にかかった人がいるかどうか問う項目があったりします。

これは、似たような体質は遺伝する可能性が高いことからきているそうです。子宮筋腫になる確立が高い家族というのは少なからずあるようで、身近な家族に子宮筋腫を持っている人がいる場合、周りの家族にも子宮筋腫を持っている人が多いといわれています。

これは、子宮筋腫が遺伝したわけではなく、同じ食事を食べたり、同じ生活習慣で過ごすことが多いため、自然と筋腫が出来やすい体質に似てきてしまうのが原因といいます。

子宮筋腫はもともとは欧米人に多く、日本人には少ない病気でしたが、最近では食文化の欧米化してきたことによって日本人にも子宮筋腫が多くなってきました。

遺伝

そのため、欧米的な食事を好む家庭ですと、確率的にも子宮筋腫になる家族が増えてしまうわけです。また、子宮筋腫は30代女性の4人に1人はかかるといわれているほど誰にでも起こる病気です。

遺伝性が強いといわれる病気にもよくあることですが、家族や身内に子宮筋腫を持っている人が、たまたま多いと遺伝するような気がするため、子宮筋腫が出来たら、遺伝したと勘違いされることも多いようです。


ただ、これと同じようにいえることですが、家族や身内に子宮筋腫を持っている人がいないからといって、自分にも子宮筋腫が発病しないとは言い切れません。子宮筋腫が出来やすい体質が遺伝しないように、出来にくい体も遺伝しないというわけです。

家族に筋腫を持っている人が多いと思ったら、子宮筋腫に良い食事や主な食事を日本人が消化しやすいお米に変えていくなどして、食生活を見直し改善するようにしたほうがよいでしょう。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.