子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫の再発

子宮筋腫は再発するの?

再発

子宮筋腫は、成人女性の20%〜30%が持っていると言われているように、女性の病気の中では、かなり知られている病気ですが、再発率の高い病気としても有名です。

それは、筋腫を手術で摘出したとしても、また新しい筋腫が成長することが多いためです。そのため、手術に関しては、患者さんが今後、筋腫とどのように向き合っていくかも重要視されています。


子宮筋腫というのは多発型ですのでほとんどの場合、子宮筋腫の原因でもある大きな筋腫を手術で取り除いたとしても、肉眼では見えないぐらいの大きさの筋腫が潜んでいます。

残った筋腫がまた成長して手術が必要とされた場合、再度手術をすることは可能ですが、傷口の癒着の可能性があるので、一般に核出術は2度までとされています。

子宮にある筋腫を摘出する手術は、筋腫のみを摘出する核出術と子宮全体を摘出する全摘術がありますが、筋腫のみを摘出する核出術は、再発の恐れが高くなります。

痛み

なお、核出術の方法は、子宮を残こして筋腫だけを摘出するため、手術後に子供を生むことは可能です。

そのため、今後子供を望む患者さんを始め、一般的に閉経まで時間のある比較的若い患者さんに行われることが多い手術法となります。

全摘術の場合は、子宮すべてを摘出するため再発の恐れがない代わりに、当然ながら手術後は、子供を望むことはできません。

今後、子供を望まない女性に行われる手術法になりますが、子宮は摘出しても卵巣は残っているので、術後にホルモンバランスによる更年期などの障害を心配する必要は特にありません。

子宮筋腫は完全に再発を無くすことは難しいですが、少しでも確率を低くする意味でも、ホルモンバランスを整えることと、免疫力を高めるように心がけましょう。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.