子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫の症状による出血

子宮筋腫の症状から出血はありますか?

出血

子宮筋腫になったときの主な症状として、月経の量が多くなったり、月経期間が長くなったりする月経異常がありますが 中でも多く見られる症状が月経時に、普段と違った出血が起きることです。

一回の月経での出血量が増える月経過多や、月経期間が7日以上延長することなど、通常より出血量が多くなることがあげられ、この筋腫による出血では、筋腫の状態をおおよそ判断することも可能です。

過多月経の症状は、病気が原因になっている器質性過多月経と、身体調節機能が失調してなる機能性過多月経がありますが、器質性の原因として最も多くみられるのが、子宮筋腫です。

子宮筋腫が原因で月経過多を起こしている場合、その筋腫というのは粘膜下筋腫の可能性が高く、出血量が増える理由はいくつかあるといわれています。

まず、はじめに考えられるのが、粘膜内に筋腫が出来ることによって子宮内の面積が広がっていくため、月経時にはがれてしまう内膜が増えてしまうことです。

分かりやすく説明しますと、筋腫のために子宮の筋肉の働きが悪くなるので、子宮が十分に収縮して出血をとめることが出来なくなることがあるのです。

月経期間が7日以上延びる場合は、頚部に筋腫が出来ている場合が考えられ、その他には、筋腫の部分が膣のほうまで降りてくる筋腫分娩が起きている可能性もあります。

出血

子宮の頚部に筋腫ができる場合や筋腫分娩によって、月経の期間を過ぎても出血することを不正出血と呼びます。

ただ、筋腫によって不正出血が起きる例は、この他にはあまり例が見られませんので、おのずと筋腫の種類を特定することが出来ます。

ですが、これらの症状は、痛みがあまり伴わないため、放置してしまう人もいるようですが、不妊の原因にもなりますので、病院にいくなどして、早めに対応したほうがいいでしょう。

また、出血時、特に不正出血に見られますが、同時に自覚症状が無いまま貧血の状態になる人も多くいます。症状が悪化すると動悸やめまいなどがおこり、最悪死の恐れもあります。

出血の量は、他人と比べることが出来ませんが、以前と比べて増えてきたかなと思ったり、月経の期間がいつもより長いかなと思ったら、一度産婦人科で相談してみましょう。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.