子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫の検査

子宮筋腫の検査方法とは?

検査

子宮筋腫というのは、筋腫がまだ小さいうちは自覚症状もあまり無いうえに、外から触っただけでは分かりません。

そのため、婦人科の定期検診やほかの病気の診察で始めて発覚したり、偶然見つかったりすることが多くなっています。

一般的には、子宮筋腫の症状でもっとも多いのが月経の変化になりますが、子宮筋腫が大きくなり、そういった症状が現れても病院に行くのを躊躇する人が多くなっているようです。

ですので、そういった人は、大まかな子宮筋腫の検査の流れを把握して、少しでも検査に対する不安を取り除いておくのが良いでしょう。

まず、病院によって子宮筋腫の検査方法は違ってきますが、一般には、問診から始めるところが多いようです。問診では、日常的な症状や痛みの強さや場所、月経について詳しく質問されるので事前に把握しておくようにしましょう。

検査

内診では、子宮の形などを把握することが出来ます。

しこりの位置や大きさを把握することが出来る大切な検査になりますが、どうしても内診をしてほしくないという人には、変わりに超音波検査(エコー)で筋腫の確認をおこなう病院も多いようです。


そして、内診や超音波検査でしこりが確認された場合、より正確な状態を判断するためにCT検査やMRI検査を行います。子宮筋腫と子宮腺筋症の判別が難しい場合などにも使用されます。

定期健診などでは保険は適用されませんが、何らかの異常を感じ、検査を受ける場合は保険が適用され、5000円から10000円内で問診や内診をしてもらえる病院が多いです。

子宮筋腫は、早期発見が出来れば筋腫も小さいままにとどめておくことが出来きるので先延ばしにせず、子宮筋腫の初期症状が小さな病状でも、婦人科へ行くなり検査を必ずお願いしましょう。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.