子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状にはどういったものがあるの?

症状

子宮筋腫という病気は個人差もありますが、筋腫の大きさや出来た場所によっては、さまざまな症状に悩まされます。

しかし、そういった症状を子宮筋腫によるものと判断できる人は少なく、無理に我慢してしまい、症状を悪化させてしまう人も多くいます。

子宮筋腫には、子宮の内部に出来るものや外部に出来るもの、変性したものなどの種類がありますが、それぞれ症状も変わってきます。

子宮の内部に筋腫ができている場合にみられる症状は、子宮の面積が広くなるので以前よりも月経の出血量が多くなったり、月経の期間が長引いたりします。

また、症状が悪化すると、ひと月に数回は異常な出血が見られるようになり、ひどい出血が続いていくと、気が付かないうちに貧血になってしまう場合もあります。

その他、筋腫があることで子宮が過度の収縮を起こすため痛みを感じたり、筋腫に茎のようなものがある場合は、根元がねじれて強い痛みを伴うことも多くあります。

これらの症状は、女性ホルモンが増える月経時に見られることが多いですが、子宮筋腫が悪化すればこれらの症状が月経ではないときにも見られるようになります。

症状

子宮の外側にできる筋腫は、場所によっては内臓を圧迫するため、頻尿や便秘といった症状を引き起こす場合があります。

また、背骨の近くに筋腫ができると腰痛を引き起こすことがありますが、腰痛だけでは子宮筋腫だと判断するのは難しいでしょう。

ですが、子宮外にできる筋腫は成長し大きくなっていくと、体の外から触っても、しこりが分かるぐらいになります。

そのため、子宮の内部にできる筋腫よりは早い段階で発見できるでしょう。子宮筋腫は、特に大きな症状が無ければ、定期的な経過観察で手術をしないことが多い病気です。

ただ、しこりの成長が早いような場合は、すぐに婦人科で医師の診察を受けましょう。ごくまれですが、悪性の子宮肉腫という子宮筋腫に間違えやすい病気の可能性があるからです。

子宮筋腫は成人女性なら誰にでもなりうる病気のため、定期的に婦人科で診察してもらうことは大切です。特に心配なことが無くても、定期的に婦人科検診を利用するようにしましょう。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.