子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、これが一番続けられました。詳細はコチラから



ホリスティック栄養学に基づいた14日間集中!子宮筋腫改善講座

子宮筋腫を改善する方法は、手術やホルモン治療といわれていますが、それだけじゃ根本的な改善にならないといいます。確かに、筋腫が再発する恐れもありますし、更年期症状が現れることなども考えられます。一番大事なことは、ホルモンバランスを整えること!

きちんとホルモンバランスについて理解することが、本当の子宮筋腫改善の近道かもしれません。簡単で自然で体に無理なく実践できるこの講座が注目されるのもうなずけますね。 講座の詳細はコチラから



子宮筋腫と腰痛

子宮筋腫で腰痛の症状が現れるの?

腰痛

月経の期間に、一時的に腰痛に悩まされる女性は多くいますが、月経が終わっても腰の痛みが続く場合、子宮筋腫が原因して腰痛の症状を引き起こしている可能性があります。

生理が終わったというのに、腰痛が続くため病院で検査をしてみたら実は子宮筋腫だったということも珍しくはありません。

ですが、素人の判断では、なかなか腰痛と子宮筋腫が関係しているとは考えづらいものだと思います。

子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、痛みをほとんど感じることなくどんどん成長するのが特徴でもあります。そして、筋腫は大きくなっていくにつれ、周りの臓器を圧迫していきます。

臓器が圧迫されれば当然ながら、いろいろな病状が現れる原因となり、骨盤神経が圧迫されることによって、腰痛の症状が現れることがあるのです。

また、膀胱が圧迫されることにより、頻尿をはじめ、尿漏れや排尿時の痛みといった症状が現れますし、直腸が圧迫されることによって、便秘の病状が現れます。

腰痛

ただ、腰痛や頻尿・排尿時の痛みといった症状を引き起こすほど圧迫している状況だとしたら、子宮筋腫は、かなり大きくなっている状態だといえます。

子宮筋腫の再発も考え、症状が辛くないなら無理に筋腫を取る必要はありませんが、あまりに症状がひどい場合は、手術で改善することが出来ます。

また、閉経が近い状態なら、しばらくの間は我慢して様子をみるという考えもありますが、筋腫があると閉経まで時間がかかることが多くあります。

直接、腰に負担をかけたことによる腰痛もありますが、内蔵の疾患による腰痛も多くありますので、腰痛だからと軽く見ずに、さまざまな要因を考えて病院に行くことは良いことです。

腰痛の症状があって、子宮筋腫があるかないか分からない時に、利用する病院に悩むかも知れませんが、整形外科などでも筋腫の可能性を指摘してもらえると思います。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.