子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫での出産

子宮筋腫でも出産は大丈夫?

出産

子宮筋腫は、妊娠中に骨盤内で見られる腫瘍のなかでは、もっとも多いといわれる良性の腫瘍でもあります。

100人の妊婦がいれば、0.3人から2.5人もの妊婦さんが腫瘍をもっているといわれているように、特に珍しいことではありません。

そのため、出産についても実際のところ、子宮に筋腫があっても気づかずに分娩をすませる人も多くいるといいます。

また、妊娠検査をしたときに始めて子宮筋腫の存在に気づいた人や、不妊治療の結果、筋腫が原因だったという人もいるように、妊娠や出産に筋腫が必ず関係あるかは言いきれないようです。

一般には、筋腫の場所によって出産は帝王切開を選ぶこともありますがごくまれで、ほとんどの筋腫は妊娠の経過と共にやわらかくなり、出産の際に赤ちゃんの邪魔になることは少ないようです。

ただ、妊娠をすると女性ホルモンが多く作られるようになって、この女性ホルモンの働きによって、子宮が大きくなりますが、それと同時に、筋腫も大きくなっていきます。

そのため、筋腫の場所や大きさによっても変わりますが、筋腫を持っている人は持っていない人に比べると流産や早産の危険性は多少上がります。

出産

例えば、筋腫が大きくなると、筋腫が邪魔をして子宮が広がらない場合がでてきたり、筋腫が赤ちゃんを圧迫する恐れもでてきます。

そのため、妊娠の進行で筋腫が変性を起こしたり、大きくなってしまった場合などは、入院が必要になることもあります。

なお、最近では、漢方による子宮筋腫の治療をする人も多くなりましたが、妊娠をした場合は自己判断は要注意です。

子宮筋腫の治療方法によっては赤ちゃんへの影響が懸念されるので、病院の医師との相談を重ねて、自分の納得できる最善の治療方法をお願いするようにしましょう。

子宮筋腫のことを気にしすぎることが悪影響を及ぼしてしまうこともあるので、あまり気にし過ぎないようにして、不安なことは医師に相談することで一人ストレスを抱えないように心がけましょう。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.