子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫の手術療法

子宮筋腫の手術にはどんな方法があるの?

手術

子宮筋腫の治療は、特に症状が見られない場合は定期的な経過観察を行い、症状が見られる場合は手術を行います。

ただ、手術と聞けば不安を感じる人が多いと思います。当然ですが、手術をせずに自然療法で治るならば、そちらを優先させたいものです。

ですが、筋腫が大きく成長していき、出血や痛みなどの症状や臓器を圧迫するような症状が起きている場合は、手術を検討します。

子宮筋腫の手術には、お腹を切る方法の開腹手術と、ちいさな穴を開けて行う腹腔鏡式手術、そして、お腹を切らない膣式手術の3つがあります。

摘出の方法にも種類があって、筋腫のみを取り除く手術と子宮全体を取り除く方法があります。筋腫のみを取り除く手術は子宮を残すことが出来るため、妊娠を望む女性はこの手術になります。

子宮全体を取り除く手術は今後妊娠を望むことは出来ませんが、子宮筋腫が再発する恐れはありません。どちらにも長所と短所があるので医師と相談し、自分に合った方法を選びましょう。

手術の仕方や方法によっては、入院が必要になることもあります。開腹手術で子宮筋腫の摘出を行った場合は、一般的に10日ほどは入院する必要があります。

なお、手術後は傷が完全にふさがるまでには1ヶ月ほどかかることもありますので、退院後はお腹に力を入れたり、無理に激しい運動をしないようにしなければいけません。

手術

膣式手術は開腹手術よりも入院が短く、早い人はその日のうちに退院することさえ可能ですし、入院の費用も時間もかかりません。

そのため、膣式手術を望む女性は増えていますが、子宮の外側にできた筋腫の摘出はできないため、手術をできる人は限られます。

なお、まれに子宮筋腫の手術後に、子宮を摘出した部分とほかの内臓が癒着するなどの、後遺症が起こることがあります。

このような状態になった場合、頻尿や便秘などの症状をおこすとがあります。この癒着を回避するためには、術後に無理しない程度に歩くなどして身体を動かすこと良いそうです。

また、気になる子宮筋腫の手術料金ですが、一般には、子宮全摘術で平均20万円から25万円、核出術で10万円から20万円ほどといわれています。

その他、10日間の入院に10万円から20万円ほどかかります。生命保険は子宮筋腫が見つかってからでは加入が難しくなるので子宮筋腫が見つかる前に加入しておくのがよいと思います。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.