子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫になりやすい年齢

子宮筋腫になりやすい年齢は何歳?

年齢

子宮筋腫は、月経がある年齢に見つかる場合がほとんどで、成人女性の10人に、2人から4人の割合で筋腫があると考えられています。

目に見えないほどの小さな筋腫まで詳しく調べれば、ほとんどの成人女性に筋腫があるのではないかとまで言われています。

子宮筋腫になりやすい年齢というのは、30〜40歳代といわれていて、30〜50代までが筋腫症状の発見世代といえます。

しかし、最近では子宮筋腫発見の年齢幅が広がっています。理由は近年になり、初経年齢が若年化している為で、20代前半でも子宮筋腫になる人が増えてきているようです。

子宮筋腫の芽というのは、生まれた頃からすでにあると言われています。そして、成長につれてホルモンが分泌されると同時に、子宮筋腫も成長すると考えられています。

子宮筋腫治療の医師もいうように、若い年代に子宮筋腫が現れるようになった原因のひとつは、昔と比べ体の成長が早くなったこと、すなわち性成熟の低年齢化ではないかといわれています。

それはどういことかというと、体格の向上により、初経年齢が昔よりも早まっていることによって、筋腫ができたり、育っていったりする環境が早い時期に整ってしまうということです。

年齢

また、若い頃から肉や乳製品などの欧米化された食事を取っていることも、子宮筋腫の低年齢化に関係しているといえるでしょう。

そういった食事を摂ることにより、ホルモンが偏りやすく筋腫が成長するのに必要なエストロゲンが多く分泌されてしまうからです。

なお、子宮筋腫は女性ホルモンが大きく関係しているので、初経を迎えていない子供には現れることはありません。

ただ、体の成長が早くなっているように、10代でも早いうちに初経を迎えた場合には、13歳で子宮筋腫の病状が見られた例もあるように、そのぶん子宮筋腫になる確率が高いといえます。

主に欧米的な食事をとっている家庭でも、家族内で子宮筋腫になる割合が高くなるようです。

自分が子宮筋腫になった場合、子供にも子宮筋腫が出ていないか気にかけたほうが良いかも知れません。家庭での食事から家族で対応できるようにしましょう。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.