子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫手術の保険適用について

子宮筋腫に保険は適用されるの?

保険

病気になった場合、自分の身体のことを考えての行動が一番良いですが、実際には金銭的な面で悩むことがあるでしょう。

子宮筋腫は、女性の病気でよくみられる病状ですが、手術となればそれなりのお金がかかりますし、検査だけでもお金はかかるものです。

子宮筋腫の場合、検査は病状が無ければ自費になりますが、筋腫がある状態でしたら保険が適用されるので約3000円ほどの費用です。

子宮筋腫の手術は方法によっても変わりますが、一般的な筋腫や子宮の摘出手術でしたら健康保険が適用されます。子宮全摘術、筋腫核出術の場合、三割負担の費用で20万前後でしょう。

そのほかにも、薬の費用や入院する場合は入院費などの費用が期間が延びれば延びるほどかかってきます。ただ、保険が適用されない子宮筋腫の手術もあります。

それは、集中超音波治療(FUS)や子宮動脈塞栓(UAE)などの最先端治療です。集中治療音波の手術では病院にもよりますが、40万から60万円ほどかかります。

保険

さらに、健康保険がきかない子宮動脈塞栓の場合は、最高で80万円ほどの手術料金を見ておいたほうがよいでしょう。

なお、子宮筋腫の場合ですが、筋腫が発見されてからは、なかなか医療保険や生命保険に加入することは難しくなります。

備えあれば憂いなしですからね。できることなら、早いうちから子宮筋腫に備えた医療保険などに加入しておいたほうがよいでしょう。

医療保険には、いろいろな種類がありますが、期間によっては、終身タイプと更新タイプの2種類があります。終身タイプというのは、将来に備えることができるので安心です。

割安な更新タイプは、一定期間、充実した保障を得るために、上手に活用できます。また、生命保険に加入していれば、給付金を受け取れることもありますので、事前に調べておくとよいでしょう。

子宮筋腫は、成人女性の5人に1人が持つといわれているように、検査の結果のあとに医療保険に入れるか悩むケースが多々あります。若いうちに保険に加入しておくのがベストです。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.