子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫 良性と悪性

子宮筋腫には良性と悪性があるの?

良性・悪性

子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍なので、命に関わることはめったにありませんし、体のほかの部分に転移するといったことも、ほとんどありません。

20%〜30%の成人女性が子宮筋腫を持っていると考えられているように、特に珍しい病気ではありません。ただ、ごくまれに、悪性の子宮肉腫というものが子宮筋腫と判断されてしまうことがあります。


子宮肉腫というのは呼び方を変えると「ガン(癌)」と「肉腫」に分けることができ、「ガン(癌)」だった場合は、すぐに手術しなければなりません。

子宮肉腫は、子宮のガンの中ではごくまれな病気なので、良性の筋腫と間違われることが多くあります。子宮肉腫は子宮筋腫と違い、体のほかの部分に移転する可能性もありますし、命の危険性も考えられますので早めの治療が必要になります。

ただ、良性の子宮筋腫の場合、すぐに治療しないからといって、命に関わる病気ではないにしても、筋腫が大きくなりすぎるとやはり危険です。

良性・悪性

症状としては、腹痛や出血がひどくなったり、妊娠することができなくなることもありえますので、子宮筋腫の画像検査で筋腫が発見された時点で定期的に病院へ通い経過を見ていきましょう。

そして、子宮肉腫という病気は子宮筋腫と比べると、成長もかなり早く、常に出血や腹痛といった症状がみられます。

少しでもおかしいなと思ったらCTやMRIの設備がある病院に行きましょう。早い段階でしたら手術だけで済みますが、病状が進んでいると化学療法や放射線治療を行うことになります。

ごくまれですが、良性の子宮筋腫だったのが子宮肉腫になるという病例もありますので、1年に1回は、婦人科での健康診断を利用しましょう。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.