子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫にともなう不正出血

子宮筋腫の症状で不正出血はおきますか?

不正出血

不正出血とは、月経以外の時期に女性器から出血することをいいます。症状は、一週間過ぎても出血が続いて月経と月経の間がつながることや閉経後の出血などがみられます。

不正出血は女性特有の症状の中でも下腹痛とならんで、もっとも知られている症状の1つで、生理痛や生理不順と同様に、多くの女性が不正出血に関する悩みを持っていると言われています。

出血にはその時々の原因などによって、うっすらと血が混じる程度のものから生理と同じぐらい出血するものまで色々とありますが量が少ないからといって放置してしまうとよくありません。

更年期障害や思春期など、ホルモンバランスが崩れた時にも出血することがありますが、不正出血は、子宮筋腫や子宮ガンなどの病気が原因でおきていることがあるからです。

不正出血の起きている原因が子宮筋腫の場合は、そのほとんどが筋腫分娩と呼ばれる筋腫の部分が膣のほうまで降りてくるものです。閉経後の子宮筋腫のように痛みがあまりないため、放置してしまう人もいますが、不妊の原因にもなりますので、早めの対応が必要です。

不正出血

生理が一週間以上と大きく延長し続く場合は、この筋腫分娩を疑ったほうが良いでしょう。また、他の子宮筋腫が原因になる不正出血はあまりありませんので、他にはストレス等の精神的な原因が考えられます。

ストレス性のものやホルモンバランスが崩れたことによる不正出血は、意識や生活の自己改善で病状が良くなることが多いです。

ただ、不正出血の原因が子宮がんや子宮内膜症といった場合になると、ただちに病院での診断が必要になってきます。

素人判断では、精神的からくるものか病気によるものかの判断は難しいので、出血の症状が続くなど少しでも不正出血が気になった場合は、病院にいって医師に診てもらうようにしましょう。

なお、不正出血と通常の月経での出血は見分けが付きづらいので、気が付かないうちに悪化する人も多く、長期的に出血が続くと自覚症状が無いまま貧血になることもあります。

見分ける方法としては、生理中での出血以外で、鮮やかでサラサラしている出血が不定期に確認できる場合は、不正出血を疑ったほうがいいと思います。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.