子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫の原因

子宮筋腫の原因は何?

原因

子宮筋腫が発生する原因というのは正直なところ、実は、まだ解明されていないのが、今の現状です。

ですが、もともとある筋腫が成長するには、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが関係しているといわれています。


ただ、動物実験を行って、エストロゲンを長期間大量に投与しても、子宮の中に筋腫を作ることはできないという実験結果があるように、すでにできあがっている子宮の筋肉ホルモンが作用しても、筋腫の芽はできないのではないかと考えられています。

このことからも、エストロゲンという女性ホルモンは、もともとある筋腫の成長を促す作用はありますが、新しい筋腫を作り出したり、転移するといったことは無いようです。

また、小さな筋腫の芽となるものは、生まれた頃からすでにあると考えられているので、成長を遅らせることは可能でも、筋腫をすべてなくならせることは難しいとされています。

原因

結果的に、女性ホルモンの働きを鈍くすることで子宮筋腫の成長を遅らせることは出来ますが、ホルモンバランスを崩すと、体のほかの部分に悪い影響がおきることがあるので全体的な解決にはなりません。

子宮筋腫は、女性ホルモンが低下する閉経後には小さくなるので、それまで体に悪い影響がなければ手術せずに経過観察することが多いようです。


子宮筋腫は、40代女性の4人に1人は持っているといわれており、体に影響を出していない大きさの小さい筋腫でしたら、20代など若い年代の人にも多くあるといわれています。

筋腫は良性の腫瘍なので、大きく成長するようでなければ神経質になることは無いでしょう。

子宮筋腫ができる原因が分かっていないため、子宮筋腫の予防法も確立されていませんが健康的な生活をおくり、体の免疫力を高めることが、何よりも大切です。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.