子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫の漢方治療

子宮筋腫に漢方は効くんですか?

漢方

漢方は中国医学の一種で西洋医学とは違い、病状そのものを治すものではなく、体の体質からゆっくり変えていくものです。

漢方薬は、その効果が出るまでに多少の時間がかかりますが、副作用の心配も無いので、多くの人が安心して利用できるでしょう。

子宮筋腫においての漢方は「お血」と呼ばれる血流の停滞を改善し、体の冷えや生理痛を和らげる効果があります。

そのため、漢方治療で子宮筋腫による出血などの症状が改善された人もいるようですし、筋腫自体を小さくする作用は人それぞれになりますが、小さいものでしたら無くなったという人もいます。

ただ、5センチ以上になってしまった子宮筋腫を小さくすることは難しいですし、まったく変わらなかったという人もいるのであまり大きな期待はしない方が良いかもしれません。

子宮筋腫の治療は、一般に筋腫が大きい場合や症状が重い場合などは、主に手術療法になりますが、日常の生活に特別支障がない場合や更年期の時期に入る人などに対しては、手術療法を行わず、ホルモン剤などの薬物療法を行い経過観察をしていきます。

漢方

そういった手術療法が必要でない場合やホルモン剤の薬物療法を行っている場合に漢方療法を行うといいでしょう。

漢方薬は女性ホルモンのバランスを整える効果が高く、ホルモン療法の際に併用することによって、治療効果が高くなると考えられています。

なお、一般に子宮筋腫の漢方治療に使用されるのは、「温経湯」などがありますが、婦人科でよく処方される三大漢方のひとつ「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」という漢方薬が使用されることが多いです。

桂枝茯苓丸は、体の血流を良くし熱のバランスを整えることが出来るのでのぼせや冷え性をなどの体温の問題を改善し子宮の炎症を鎮める効果も期待できます。

子宮筋腫は通常の手術で筋腫だけ取り除いても、また再発する可能性が多くあります。妊娠を望まない人なら子宮をすべて摘出することが出来ますが、妊娠を望む人や手術に不安を感じる人には、漢方を使用し、根気良く筋腫の育ちにくい体にしていくことが良いでしょう。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.