子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫を治療する上での医師の選び方

子宮筋腫の治療は医師によって変わってくるの?

医師

子宮筋腫という病気は、原因の解明がされていないので、医師によって子宮筋腫の捉え方は大きく違っているといわれています。

子宮筋腫自体は、成人女性の10人中2から4人に筋腫があるといわれているように、特に珍しい病気ではありません。

また、良性の腫瘍なので命の心配もいりませんし、医師や病院を選ぶ際は、それほど深く考えなくてもと思われるかもしれません。

ただ、子宮筋腫になった年齢にもよりますが、きちんと治療する上でも、すぐに筋腫を摘出するか、様子を見ていくかなど、自分が望むような治療をしてくれる医師を探すのが一番です。

子宮筋腫の治療ですが、多くの医師は出来るだけお腹を切る手術を避けて、たいした影響が無ければ経過の観察をしながら、そのままにしておくことが多いようです。

子宮筋腫が大きくなって、つらい症状を及ぼしたり、他の臓器に影響を及ぼすようでしたら手術が行われますが、この場合でも子宮を残す方法や子宮をすべて摘出する方法などあります。

医師

また、提案された施術方法に疑問が残るようでしたら、そのままにせず、セカンドオピニオンを利用するのも手だと思います。

セカンドオピニオンというのは、診断をもらった主治医とは別の医師に診断をしてもらい、判断をもらうことを言います。

例えば、手術を提案されて納得できなかった場合など、他の医師の判断を仰ぐことでその判断が正しいのかを考えることができます。

また、他の可能性があるのか自分で納得した治療を判断することが出来るようになります。子宮筋腫は、治療の幅が広いので医師や病院によっても治療の仕方は変わります。

セカンドオピニオンは一人だけでなくても自分が安心できるまで何人に判断をあおっても良いでしょう。セカンドオピニオンは珍しくないので主治医の人に申し訳ないと思う必要もありません。

安心して子宮筋腫と向き合うためにも、世間一般の評判など大切にしたりしながら、信頼の置けて安心してお願いできる医師や良い病院を選ぶようにしましょう。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.