子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫の痛み

子宮筋腫に痛みはあるの?

痛み

20%〜30%の成人女性が子宮筋腫を持っていると言われているように、子宮筋腫が出来ただけでは、それほど強い痛みはありません。

しかしながら、子宮筋腫が進行している場合や筋腫の状態変化、他の要因や症状が重なることによっては、するどい痛みを伴うことがあります。

そのため、以前より月経痛がひどくなったり、出血が多かったり、月経が終わっても長期的に痛みが続くようでしたら、すぐに医師に相談しましょう。

子宮筋腫の痛みの中でも、有茎性の子宮筋腫を持っている人は、強い痛みを経験することが多いといわれ、筋腫の茎部分がねじれることによる痛みや、茎が伸びて下に降りてきた筋腫を押し戻そうとする子宮の収縮する動きで痛みを伴うことがあるようです。

その他には、筋腫が石灰化したり、壊死したりするなどの変性をおこすことによって血流が乱れて、一時的に強い痛みがおきる場合があるようです。

また、大きくなった筋腫が骨盤や他の内臓を圧迫することによる、下腹部の長期的な痛みや腰痛など、子宮筋腫の痛みにはさまざまなものがあります。

痛み

そして、子宮筋腫の治療の過程でも痛みを伴うことがあるようです。現在、最新の治療法にUAEと呼ばれるものがあります。

UAEは、子宮筋腫に続く血管に詰め物をすることで筋腫に栄養がいくのをとめて筋腫を小さくしていく施術方法です。

この治療法は、痛みを伴うことが効果が出ているあかしだといわれているくらいなので、、事前によく考えてから手術を考えたほうが良いでしょう。

なお、子宮筋腫による痛みは鎮痛剤によって和らげることが出来ますが、長期的に我慢しようと考えているのなら、根本的な治療を行ったほうが、よりよい日常を過ごしていけると思います。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.