子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫の超音波治療法

子宮筋腫の超音波による治療法はどういったもの?

超音波

今まで、子宮筋腫の治療といえば、摘出手術かホルモン剤などの薬によって小さくする治療法の二つしかありませんでした。

しかし、最近行われている子宮筋腫の治療法に集中超音波治療(FUS)というものがあります。

子宮筋腫の集中超音波治療は、まずはじめに、MRIを3つの方向から使って、細密な筋腫の場所や状態などを特定します。

その後、ベッドにうつぶせになって、下の方から超音波を筋腫の部分に一転集中させ、その超音波の高い熱によって筋腫の細胞を壊していくという仕組みになっています。

超音波を1点に集中させて細胞を壊すと聞くと、身体に対する影響が気になりますが、この集中超音波治療(FUS)は、身体に対する害はありません

それは、この治療法の仕組みが、虫眼鏡で光を集めるようにいろいろな方向から弱い超音波を筋腫の一箇所だけに当てるので、筋腫以外のところには影響しないからです。

超音波治療

また、この集中超音波治療は、身体に傷跡が残ることもありませんし、特に入院の必要もありません。

ですので、体調を気にする人をはじめ、治療の傷跡を気にする人などには、特に支持されている新しい治療法です。

ただし、日本での子宮筋腫の超音波治療は、まだまだ知名度が低いため、医療保険も適用されていないので、治療はは自己負担になってしまうというデメリットがあります。

また、超音波治療をを受けられる人には限りがあって、筋腫の大きさが大きかったり、数が多かったり、また、筋腫分娩などは、治療時間が長くなってしまうため、難しい場合もあります。

海外では治療後の出産も報告されていますが、今現在の日本では妊娠を望む女性には行われていません。この超音波治療は日々研究が進められている分野です。

子宮筋腫のほかにも、子宮腺筋症の治療やガンの治療などにも利用されています。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.