子宮筋腫の正しい知識

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


子宮筋腫と貧血

子宮筋腫による貧血とは?

貧血

子宮筋腫の多くは無症状なため自覚症状がでない場合がとても多く、婦人科検診や妊婦検診の時に、たまたま見つかるケースがあります。

主な子宮筋腫の症状でもっとも多い症状は月経の変化ですが、生理時の出血が多くなることから、貧血の症状を起こしてしまいます。

子宮筋腫にかかった多くの女性が、この貧血に悩まされています。


子宮筋腫の種類の中でも、粘膜下筋腫と呼ばれる子宮の内側に筋腫が出来た場合は、筋腫分の粘膜の面積が広がるので月経での出血が特に増えます。

また、粘膜内にできる筋腫ではなく他の部分に出来た場合には、筋腫がだんだん大きくなっていくにつれて子宮を圧迫するので、常に出血することもあるといいます。

このように子宮筋腫にかかると月経時の出血が多くなるため、月がかさんでいくと、自分でも気がつかないうちに、ひどい貧血の状態になってしまうことが多くあるのです。

貧血

毎月の月経ごとに少しずつ貧血になっていくので、自分でも気がつかないうちに出血性ショック症状を起こしてしまったりすることだってあります。

なんとなく、体がだるかったり、めまいがするなどの病状があるとき、まずは、子宮筋腫による貧血を疑いましょう。

なお、貧血の症状がでている場合には、子宮筋腫の治療法も多様なものになります。子宮筋腫を取り除くことが一番の解決策になりますが、年齢などによっては手術が難しい場合もあります。

閉経の年齢に近い場合には、手術によって体に傷を入れるよりは、薬で一時的に月経を止めることによって、閉経まで症状が大きくならないようにする治療が多いようです。

ですが、月経を止める薬では骨粗しょう症などの副作用があるので、貧血がそれほどひどくない場合は低容量ピルで月経量を減らすか、増血剤の使用で血中の鉄分を補給する治療になります。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.