子宮筋腫の正しい知識

>「治療・手術について」一覧

管理人がチェックする子宮筋腫情報


子宮全摘出手術か痛止めのお薬を飲むかの二つに一つの選択

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を改善し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間ほどは、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、この改善方法が一番続けられました。
詳細はコチラから


手術概要

手術治療の種類

子宮筋腫の手術法には、子宮を摘出する子宮全摘手術と筋腫だけを取り除く筋腫核出術とがあります。筋腫核出術は、普通は手術後に妊娠を希望する場合に行われます。

しかし、筋腫核出術を行っても、きわめて小さい筋腫まで全て取り除く事はできないため、数年後に筋腫がまた症状をあらわすことがあります。

子宮全摘術の場合には、普通、子宮だけを摘出し、少なくとも片方の卵巣は残してホルモンバランスが崩れないようにします。子宮の摘出方法は、お腹を開ける方法(腹式方法)と、開けないで膣から摘出する方法(膣式方法)とがあります。

なお、特殊な筋腫ために筋腫分娩をおこしている場合は、この筋腫を膣側から捻って取ることによって、筋腫分娩の際の大量の出血を止めることができます。この時、子宮の中に他の筋腫がなければ、子宮を残すことができます。

手術治療の種類

ページのトップへ ▲

筋腫のみ切除か子宮全体の切除かの判断基準

筋腫のみ切除か子宮全体の切除かの判断基準

筋腫だけを取り除く筋腫核出術は、基本的には子宮を残し、妊娠・出産を期待する患者さんに行なわれます。

もちろん、妊娠を希望されていない患者さんでも、どうしても子宮を残したいというのであれば、筋腫だけ取り除く手術が可能です。

しかし、その際には数年後にまた筋腫が再発する可能性を十分認識して手術を受ける必要があります。

ページのトップへ ▲

開腹手術か膣からの手術を選ぶ基準

開腹手術か膣からの手術を選ぶ基準

医師は、開腹手術と膣からの手術の利点と欠点を総合的に考え、患者さんの状態を十分に把握した上で、全体としてより良い結果をもたらすような手術方法を選び、患者さんに薦めることになります。ですから、膣からの手術を希望しても、筋腫の大きさや子宮の癒着の程度によっては希望が通らない場合もあります。

病院によって、膣からの手術を好んで行なう所、腹式手術を好んで行なう所と、様々です。手術の方法は、医師がその患者さんに最も適切であると考えるやり方に従うのが良いと思います。

ページのトップへ ▲

開腹手術と膣からの手術:利点と欠点

【 開腹手術の長所 】

  1. 非常に大きな筋腫でも安全に手術ができる
  2. 癒着があっても問題なく手術を進めることができる
  3. おなかの中を全て見わたせる
  4. 筋腫以外の異常が見つかった場合に対応できる

【 膣からの手術の長所 】

  1. おなかを開けないために開腹手術より痛みが少ない
  2. 回復が早い

【 膣からの手術の短所 】

  1. 非常に大きな筋腫の場合は手術ができない
  2. 手術するとしても筋腫を切り刻みながら手術を行なわなければならない
  3. 癒着がある場合、手術が非常にやりにくい
  4. おなかの中のそのほかの異常はほとんどわからない

ページのトップへ ▲

単純子宮全摘術の利点・欠点

子宮だけ摘出する手術を単純子宮全摘術といいます。この場合は、腹部に切開を入れる腹式と、腹部には触れずに膣から手術を行う膣式とがあります。

一般に、手術後の痛みは皮膚下の傷口に感じるので、皮膚を切開しない膣式のほうが術後の痛みも軽く、食事も早く摂れ、回復が早いという利点があります。

しかし、筋腫が巨大な時や、子宮内膜症が合併して子宮の表面に腸管や卵巣が癒着しているようなときは、膣式子宮全摘術は手術操作が難しく、必ずしも一般的な手術法とは言えません。

これに対して、腹式では腹部の臓器を直接みながら手術を行うので、癒着その他のおなかの中の状態が全てわかるという利点があります。

ページのトップへ ▲

子宮全摘術の利点と欠点

筋腫と一緒に子宮をとってしまう手術を子宮全摘術といいます。
この手術法には、次のような利点と欠点があります。

【 利点 】

  1. 子宮筋腫によって貧血、圧迫感など重い症状がある場合、筋腫とともに
    子宮を摘出すると 症状もなくなる。
  2. 卵巣は、特に異常がなければ、残せるので、ホルモン的な変化はほとんどない。
  3. 手術後に夫婦生活の支障をきたすことはない。
  4. 日常生活、食事などでも制限される事はない。

【 欠点 】

  1. 妊娠・出産ができなくなる。
  2. 子宮を失ったという喪失感を抱くケースがある。
  3. 手術、麻酔における危険性は皆無ではない。

ページのトップへ ▲

子宮全摘術の際の注意

子宮全摘術の際の注意

子宮のすぐ横には尿管が通っています。手術の際には、この尿管を傷つけないようにすることが大切です。

筋腫の大きさや位置によっては、尿管の位置が偏っていることもあり、尿管に注意して手術を進めなくてはなりません。

また、卵巣は子宮から靭帯で吊り下がっている形になっています。この靭帯を切断すると卵巣を残す事ができるので、女性ホルモンをつくる上で問題はおこりません。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.