妊活休業中の森三中・大島、子宮筋腫の治療受けていた – 子宮筋腫の正しい知識

妊活休業中の森三中・大島が子宮筋腫を治療

森三中・大島 子宮筋腫の治療受けていた 夫「結果は良好」

森三中・大島が子宮筋腫を治療5月7日から妊活に入った「森三中」の大島美幸が、子宮筋腫の治療を受けていたことが10日、分かった。夫で構成作家の鈴木おさむ氏がブログで明かした。子宮筋腫は、子宮の筋肉の一部にできる良性の腫瘍。

症状は筋腫の種類や大きさによって異なるが、若い人では妊娠しにくくなったり、流産しやすくなるケースがある。鈴木氏によると、大島には大きな子宮筋腫があり、妊活休業後、すぐに「子宮筋腫の治療を行いました」と報告。

「以前から子宮筋腫があり、結構大きくなってきたので、何人かの病院の先生に相談した結果、治療したほうがいいということになりまして」…..。

で、妊活休業に入った週に治療したという。子宮筋腫の治療から10日で1カ月たったそうで、この日、病院で検診を行い、「治療の結果は良好だそうです。いやー、安心です。良かったです。そうやって体のメンテナンスも妊活の大事な一つですからね。」とつづった。

子宮筋腫が発見された場合、(1)様子を見る (2)筋腫だけを取り除く手術 (3)子宮全摘出手術 (4)薬物治療によって月経を半年ほど止めて偽閉経状態をつくり出し、症状を軽くしたり、筋腫を縮小させる‐‐などの方法がある。

大島は2008年に流産しており「私の仕事はスタントマンみたいなところがあるので、赤ちゃんも居づらいのかな。規則正しい生活を送り、ゆったりした気持ちでやっていきたい。」と話していた。

引用元: (デイリースポーツ)

子宮筋腫の治療は手術やホルモン療法だけではないんです!

婦人科では教えてくれない!子宮筋腫が自宅で改善する魔法の方法

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。ただ、このようなニュースのあとでは、心配で治療自体も考えてしまいます….。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を見直し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間程は、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、これが一番続けられました。詳細はコチラから

14日間で簡単に!そして無理なく子宮筋腫が改善する方法

子宮筋腫を改善する方法は、手術やホルモン治療といわれていますが、それだけじゃ根本的な改善にならないといいます。それこそ、筋腫が再発する恐れもありますし、更年期症状が現れることなども考えられます。一番大事なことは、ホルモンバランスを整えること!

きちんとホルモンバランスについて理解することが、本当の子宮筋腫改善の近道かもしれません。手術なしで、簡単に自然で体に無理なく実践できるこの講座が注目されるのもうなずけますね。講座の詳細はコチラから

子宮筋腫は病気です…やはり備えあれば憂いなしですね!!

女性なら誰でもなりうる病気、子宮筋腫…….。現在では、20~30代の女性が子宮筋腫と診断されるケースも多いそうです。いざという時のためにも、子宮筋腫に対応した入院保険を検討しておくと良いと思います。管理人も実際、保険に入っています。その保険はコチラ

ページのトップへ ▲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする