子宮筋腫の内視鏡手術、ガンまき散らす恐れも… – 子宮筋腫の正しい知識

内視鏡手術ががんをまき散らす恐れも…….

子宮筋腫の内視鏡手術ができなくなる可能性も?!

子宮筋腫の内視鏡手術子宮筋腫の内視鏡手術で、病変に肉腫などのがんがあった場合、筋腫を切る器具ががんを腹部内でまき散らし、悪化させる恐れがあることが分かった。

日本産科婦人科内視鏡学会(吉村泰典理事長)は21日、手術前の検査で悪性の疑いを除外してから、この器具を使うなどの注意点をまとめ、公表した。

過去に子宮筋腫の内視鏡手術などを受けて心配な女性には、手術を実施した医療機関への相談を呼びかけた。問題となったのは、腹部に開けた1・5センチ程度の穴から挿入、筋腫を切り刻む器具。日本国内では年間約1万件の手術で使われている。

米食品医薬品局は今年4月、この器具の使用を勧めないと通知した。子宮筋腫手術で摘出した病変から肉腫が見つかる頻度は0・3%と推計される。

通知の影響で最も普及している米国製の器具の販売が中止になった。国内の多くの施設では、この器具を使わず、穴を数センチに広げて病変を摘出するなどの手法に切り替えざるを得ない状況だという。同学会は今後、筋腫に肉腫が見つかる頻度など国内の実態調査を行う。

引用元: 読売新聞(The Yomiuri Shimbun)

子宮筋腫の治療は手術やホルモン療法だけではないんです!

婦人科では教えてくれない!子宮筋腫が自宅で改善する魔法の方法

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われがちです。ただ、このようなニュースのあとでは、心配で治療自体も考えてしまいます….。しかし、きちんと子宮筋腫を理解して、食習慣を見直し、ストレスを解消することで子宮筋腫が改善する方法があるんです。

子供の頃から生理痛がひどく、特に生理が始まって3日間程は、4時間おきの鎮痛剤無しでは日常生活がおくれない日々でした。いろいろと子宮筋腫の情報を集めましたが、これが一番続けられました。詳細はコチラから

14日間で簡単に!そして無理なく子宮筋腫が改善する方法

子宮筋腫を改善する方法は、手術やホルモン治療といわれていますが、それだけじゃ根本的な改善にならないといいます。それこそ、筋腫が再発する恐れもありますし、更年期症状が現れることなども考えられます。一番大事なことは、ホルモンバランスを整えること!

きちんとホルモンバランスについて理解することが、本当の子宮筋腫改善の近道かもしれません。手術なしで、簡単に自然で体に無理なく実践できるこの講座が注目されるのもうなずけますね。講座の詳細はコチラから

子宮筋腫は病気です…やはり備えあれば憂いなしですね!!

女性なら誰でもなりうる病気、子宮筋腫…….。現在では、20~30代の女性が子宮筋腫と診断されるケースも多いそうです。いざという時のためにも、子宮筋腫に対応した入院保険を検討しておくと良いと思います。管理人も実際、保険に入っています。その保険はコチラ

ページのトップへ ▲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする